「薄毛」対策について

日本人男性の約25パーセントが薄毛に悩みそのうちのおおよそ95パーセントがAGA(Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のこと)が原因であると言われています。従来の薄毛対策と言えば、直接頭皮に塗るいわゆる毛はえ薬や頭皮マッサージなど外部からのアプローチが主でしたが、内服薬のプロペシアの誕生により、薄毛治療は進歩を遂げました。

植毛に関しての関心度が高まっています。

プロペシアは60を超える国でAGA治療に用いられていて、日本でも厚生労働省から認可されている唯一の薬で、その処方は医者のみが出来ます。

プロペシアを服用すると、発毛数が増えることはもちろん、髪の毛の伸びがはやくなったり太くなることが報告されています。



またほかにも頭皮に塗布する液状の外用薬としはミノキシジルがあります。

市販の育毛剤にも配合されているものがあります。


ミノキシジルプロペシアと併用しても、副作用などの問題が生じることなく発毛効果が高まるとも言われています。ただしこれらの対処方法で確実に薄毛がなおるというわけではなく、食生活を中心とした日常生活の見直しをすることも大切です。

あぶらっこい食事を日常的にとり続ければ血液がドロドロになり、血流が悪くなり髪の毛の生成に必要な酸素や養分が髪の毛まで届けられないので注意が必要です。



また適度の量ならストレス解消にもなるお酒ですが、飲みすぎは肝臓に負担をかけ結果的に発毛に影響を及ぼすこともあります。
そしてタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがあるので髪の毛の発育にはマイナスです。