img_02
TOP > 外国人の技能実習について

外国人の技能実習について

昨今の日本では、少子化に伴った労働力の不足が問題となっています。その問題のキーとなってくるのは外国人だというのもニュースなどで仕切りに取り上げられています。

わが国には、技能実習という外国人の雇用制度があります。

これは、日本の企業において、技術や知識などの取得を目的として、発展途上国の若者などを三年間実習を受け、従業員として労働をおこなうことです。

企業と送りだし先の企業との間には、監理団体や政府が認定した送り出しの機関などがもうけられており、公正な労働関係法令が適用され、雇用契約が結ばれるれっきとした雇用形態のひとつとなっています。

カンボジアの外国人研修生が勢いに乗っています。

日本側は計画的な雇用の安定や定着や、期間が区切られることでより技術習得が早く、意欲旺盛になった若い戦力を雇用することで、生産効率の向上が期待できること、技術提供といった国際貢献につながること、また将来的に海外進出した際の現地雇用などのメリットがあります。
また、雇用される外国人側にも、母国の発展に技術を利用することができる、まだ発展途上の地元で働くよりも多くの賃金を得ることができる、異国での生活を通して多くの経験を得ることができるなど、技能実習を受けることは様々な利点があります。



これからの社会はグローバル化も今まで以上に進んでいくと考えられます。



この時代の流れを汲み、尚且つ日本の発展のための未来には、外国人の必要は不可欠になり、技能実習の需要は増していくと考えられます。